ホーム > リレー随想






水谷 豊 新津商工会議所 常議員


「PTAを卒業」

 今年三月、末娘が中学校を卒業し、平成五年より十一年間に渡り参加させていただいた小中学校PTAから私も卒業することとなった。子育てを経験された皆様は思い当たることでしょうが過ぎてしまえば長い様で短い期間で一抹の寂しささえ感じるこの頃です。

 十年前、小学校の新入生が四組だったのが今では二組になってしまって旧市街地での少子化の波は確実に進んでおります。片や、宅地開発が進む新市街地を通り掛かると、子供や子育て中の主婦の姿を見るにつけ、この人達が旧市街地に家を建て子育てをしてくれたらなぁ・・・! 愚痴っぽくなりました。

 ところで、PTA活動を通して新津地区の教育環境は、穏やかで穏和な人が多い様で大きな事件もなく、子育てには最適だという事を知りました。この十年間、「いじめ」「学校五日制」「総合学習」と学校は変化してきました。  来年は「二学期制」が導入されます。私は、教育は現場からと思っておりますし、先生方の意識も前向きに変化してきていると思います。PTA最後の一年間は一中PTA会長をやらせていただき、八木校長を筆頭に各先生方と息の合った運営をやる事ができました。

 中心部にあってあまり良好とは言えない一中の建物について、校長と六十周年の節目には新校舎の御披露目ができればと話し合ったものです。質の高い教育を子供に受けさせたいと思うのは親の願いなのですから。