ホーム > リレー随想




甲田 耕禄  新津商工会議所 常議員


「健康ライフ」

先日、ある講習会の中での講演で、いいイビキかいてますか?今日は睡眠時無呼吸症候群の話をしますと云い講演が始まった。いびき症には三タイプあり、睡眠時無呼吸症候群、上気道抵抗症候群、単純いびき症があり放置すると重症化してしますので要注意が必要とのことでした。
 皆さんが体験していることと思いますが、旅行に行って宴会後、相部屋で数人で寝ると1〜2人の豪快のいびきで寝れない経験があると思いますが、翌日、当の本人を見るとニコニコして十分満足顔をしていました。今回の講演を聴いて分かった。単純いびき症はいびき−軽く・眠気−なく・無呼吸−なし、上気道抵抗症候群はいびき−大きく・眠気−あり・無呼吸−なし、睡眠時無呼吸症候群はいびき−途切れ途切れ・眠気−あり・無呼吸−あり、放置をすると合併症を併発、昼間、眠くって、交通事故や作業事故を起こしかねないとの事である。また、朝のラジオ番組、健康ライフで腹囲径男性85p以上、女性90p以上で、これに加えて、@高中性脂肪血症、A高血圧、B高血糖の3項目のうち2項目以上当てはまると、内臓脂肪が蓄積して危険な状態のメタボリックシンドローム病と診断される。どうも自分の事の様で、せめて健康でありたいと目が覚めるとラジオ聞きながら40分程度ウォーキングをしています。