ホーム > リレー随想




結城 健雄 新津商工会議所 常議員


「バラに思いを込めて」

 花水は温泉を活用し「癒し」「明日への活力の涵養」をキーワードに快適な環境作りをと、館内随所に植物を配し、庭も緑豊かで四季折々の花達が来館される皆様をお迎えし、ゆっくりェいで頂けるよう努めております。
 永年の夢そして憧れのバラとハーブの混在する庭の実現のため、昨秋より前庭を三年がかりでバラの園にと、作業を着手しました。
 五月の新緑から、緑豊かな六月に移る頃、バラ達が馥郁たる香りを放ち、競って咲き誇り、皆様を歓迎してくれることに期待し、感嘆の声を聞き、カメラに収められる様子を思い浮かべながら、冬の作業は厳しいですが、美しい花を開花させるには、冬期間の作業管理が、一番大切であると教わり、暖冬にも救われて作業を進めることができました。
 暖冬の今年、植物達も変調を来たしているのではないかと心配ですが、百花繚乱の春はすぐ間近、胸躍る毎日です。 「花のまち」を標榜している我がまちを会議所の経済活性化委員会が、政令市移行イベント「食と花の世界フォーラムにいがた」の開催に合わせて、街の活性化として街なかガーデニングに取り組み、商店街に「植物園コーナー」を設置「ガーデニングの勉強会」等を検討されていることは大変喜ばしいことと思います。 
 是非、イベントとして終らせることなく、この町を名実ともに「花のまち」「繁栄する町」にと祈念いたします。