ホーム > リレー随想




瀧澤 茂 新津商工会議所 監事

「暖冬」

 今年の冬は、雪が殆ど降らず暖かい。気象庁によれば、観測史上百年振りの雪の少ない暖かい冬と言われています。昨年、一昨年の大雪から様変わりの冬となりました。シベリアの寒気団が日本列島まで降りてきていないとのことです。また、地球の温暖化の影響による異常気象とも言われています。
 地球の温暖化については、今に始まったことではなく、言われて久しい問題です。私達の小さい頃と比較しても、雪の量が少なくなり、台風の規模が大きくなってきているなど、実感として感じられます。
 数年前、ある上場企業の経営者から地球の温暖化について驚くような話を聞いたことがあります。地球の温暖化の過程を東海道新幹線の東京駅から新大阪駅までの行程と例えると、電車は京都駅を出発するところで、温暖化の過程は終盤を迎えているとのことでした。
 地球の温暖化を人類にとって最大の課題として、二酸化炭素の排出削減を地球規模で行おうとする取り決め(京都議定書)もあり、世界的にもその機運が高まってきているようです。私達個人も子供、孫、将来の子孫の為に地球、環境に優しい生活(エネルギー多消費型から少消費型へ)に切り替えていかなければと思う今日この頃です。