ホーム > リレー随想




馬場 一也  (社)新津青年会議所理事長 ((株)馬場工務所)


「原点回帰 〜誰かのために今できることを!〜」

 今回せっかくの機会を与えて頂きましたので、社団法人新津青年会議所の今年度活動方針とPRを記させて頂きます。本年度のスローガンは「原点回帰.誰かのために、今出来ることを!.」でございます。
 我々の活動の基本となる三信条(修練・奉仕・友情)という理念に今一度原点回帰をし、目的意識を明確に持ち、更なるまちづくり・ひとづくりへ邁進して行こうという想いからであります。具体的な事業としては、昨年3月11日に発生した東日本大震災を追悼する事業がございます。
 私たちには、この3・11という日を風化させることなく、尊い命を失った人々を追悼し、また残してくださった多くの教えを後世に伝えて行く義務があると考え、3月11日に新潟薬科大学新津キャンパスにて講演会を開催致します。また、子供たちの希望に満ち溢れた笑顔が永遠に続いていくために、郷土の自然・歴史・文化を継承していきたいと考えております。そのために、第25回わんぱく相撲あきは場所の開催、2008年から継続して活動している里山事業、そして、子供たちが郷土を愛することが出来るように、美しい里山・歴史ある鉄道・貴重な石油井戸など地域の宝を再認識する機会を設けたいと思っております。
 最後となりますが、私ども新津青年会議所は皆様からのご理解、ご協力のおかげをもちまして、本年度創立55周年の節目の年を迎えます。原点回帰の良い機会と考え、活動に際しては目的意識をしっかり持ち、閾値(何かが起こるか起こらないかの境目の量)を越えるように、中途半端に止めるのではなく、精一杯動して行きたいと思いま
す。