ホーム > リレー随想




高橋 昌夫  (株)第四銀行新津支店(新津商工会議所 監事)


「縁あって・・・。」

 八年間の単身生活を経て、この七月にようやく自宅通勤の生活が始まった。縁あって、ご当地新津支店への配属である。新津と言えば、会社に入りたてのころ、上司・先輩に連れられて新津カントリーの早朝に来たことを覚えている。これがゴルフとの出会いである。以降三〇年近くゴルフを趣味としているが、腕前のほうはいっこうに上達しない。練習もさほどやらないためか当然といえば当然のことである。
 それと、実兄が数年前まで、新津駅に勤務していたことや、前秋葉区長が実家(旧豊栄市)のご近所に住んでいらっしゃって、幼少の頃遊んでもらった記憶がある。ご当地とのご縁は、この位である。
 さて、職業柄か金融経済の見通しについて聞かれることが多い。しかし、正直言って全く予想がつかないのが、今の状況であろう。それにしても、政治・経済・社会・外交・金融等々、よくもまあ問題山積なことであろうか。過去にこれほどの状態があったのだろうか。
 もはや、政府の処理能力の限界を超えているとしか思えてならないが、一国民として、道を誤らずちゃんと日本国を導いていってもらいたいものと願うばかりである。
 こうしたいろんな諸問題が顕在するなかでも、我々民間企業は目標を掲げ持続的成長を遂げていかねばならないし、生き残りをかけて銀行とて必死に努力している。
 これをご縁に会員企業の皆さんと親交を深めさせていただき、誠に僭越ではあるが、少しでもお役に立てればと願っている。