ホーム > リレー随想




麸沢 祐一 県立新津高等学校長


新津商工会議所と新津高等学校

 会員の皆様には、常日頃から大変お世話になっております。またこの夏のインターンシップでは、2年生を会員の皆様から、企業体験を快く受け入れていただきまして、大変感謝いたしております。また、生徒にとりましても学校生活では体験できないものをいただきました。大変感謝しております。本当にありがとうございました。
 7月25日金曜日、1日だけではありますが、280人の2年生を70社の企業に割り当てさせていただきました。生徒は、企業に電話をおかけして、体験の打ち合わせ、準備するもの、また心構えなどをお聞きしました。また当日は、公的交通機関を使って、自分の足で企業に行きました。企業の方と電話ではありますが、話をしたり、仕事の打ち合わせをしたりすることは、学校生活ではできないことです。学校では、マニュアルを示して、電話の応対について、指導して臨ませたつもりではありますが、企業の方から高校生だからもっとよい電話応対をして欲しいとのお話をいただきました。また、終わってから、後日礼状をさし上げましたが、礼状につきましても書き方指導をしておりましたが、誤字や文章の間違いで担任は苦労したと聞いております。
 しかし、生徒にとりましては、地元の企業が自分が想像していた以上に、しっかりとしかも、一生懸命頑張っていることに驚き、そして実感できたという感想や、自分が知らない専門用語を使ったり、テキパキと働く様子を見て、働いている人がかっこよく見えたなど、地元を知り、働くことに大変興味を抱くなど、大きな刺激を受けたようです。
 皆様のおかげで実施できた今回のインターンシップでしたが、生徒も教員も学ぶことが大変多くありまして、これからの教育活動に活かし、生徒が自分の将来をより考える機会になったものと喜んでおります。大変ありがとうございました。
 来年も、インターンシップを継続していきたいと考えております。どうかご指導やご協力、ご支援よろしくお願いいたします。