ホーム > リレー随想




腰越 正明 秋葉警察署 署長

秋葉警察署雑感

 昭和58年に当時の新津警察署に勤務し、現在3回目の当地勤務です。同一場所3回の勤務というのははじめてであり、深い縁と感慨深いものを感じております。
 昭和58年と言えば、新しい庁舎となって10年程度であり、当然まだ新しい感じがしましたし、事務室も広々としていたように思います。その後、パソコンをはじめとする各種機器の整備などにより、当時と署員数に大きな差がないにもかかわらず、事務室は狭隘となり、また当然ながら施設も老朽化しております。
 そのような中、署内各課においてはあらん限りの知恵を振り絞り、如何に自分の課の領域を確保するかに苦心し、玄関ロビーにいたっては、署内3つの課がしのぎを削り徐々に徐々にカウンターをロビー側に押し出し、今や玄関ロビーは玄関廊下との様相を呈している状況です。
 そのような状況ですので、来庁される方にはしばしば不便を感じさせることとなっておりますが、署員一同、今後とも現庁舎とうまく付き合いながら秋葉区の安全・安心に努めていくこととしております。
 今後とも、私どもの活動に対し、区民の皆様の変わらぬご理解とご協力をお願いいたします。