ホーム > リレー随想




川内 龍一  (株)徳永製作所(新津商工会議所 常議員)

恵まれた環境に育まれ

 昭和57年、現在地「小戸下組」で小さな基板組立工場として初代社長(現会長)が創業し35年が経とうとしてます。当初は地元の女性が農家兼業体制でのスタートでした。現在80名となり創業当時勤務していた子息、そのお孫さんと三代にわたって頑張って頂いている地元社員も在籍してます。内には社内結婚も数組誕生しその子供も勤務しておる方々もいます。会社を取りまく地元の皆様の長年に渡る弊社への御協力と、新津という越後平野の真ん中に立地できた地の利が物流には四方八方高速道路インターの活用が生かされ多くの取引先と連携。生産が容易に進められた事など、恵まれた立地環境で今日を迎えております。
 ここ三十数年当社は、石油暖房器の心臓部にあたる基板に電子部品を搭載。それもロボットでの生産工程を主軸にし通年石油暖房器…今年の真夏日でも日産六千台を冬の需要期市場に照準を合わせ製造してます。
 当社は製品を通して皆様の信頼を得ることを旨とし、社員の安全を第一に業務にはげんで楽しい仕事が出来ることを念頭におき、「徳永製作所で働いて良かった。」と言える会社を目指しています。そして新津で大切にされたい会社になれるよう頑張ってます。
 新津商工会議所メンバーとして微力ではありますが末永く尽くします。皆様方の御指導をお願い申し上げます。
【営業内容】
 石油暖房機器、加湿器、制御機器などのプリント基板、操作パネル、電源ボックスなど組立
【企業PR】
 「改善活動」、「QC活動」、「生産の状況・情報見える化」など実施しています。生産設備は充実しており受注多様です。