ホーム > リレー随想




坂上 信也  坂上興産(株) (新津商工会議所 青年部会長) 



 新津市が新潟市と合併してから10年以上が経過しました。最初の頃は戸惑いもありましたが今では年賀状の住所も新潟市から書き出す事に慣れてしまいました。さて合併によって政令指定都市となった新潟市で大きく変わったことがありましたがご存知でしょうか?答えを申し上げますと平成20年から家庭廃棄物の10種13分別によるリサイクル推進制度が取られました。しかしながら実は旧新津市は合併より10年早い平成8年から分別収集を行っておりました。その先進的な取り組みは平成14年に3R推進協議会会長賞を受賞しました。長年続けている秋葉区民はゴミの分別リサイクルにとても積極的と言われております。ゴミには資源という宝がいくつも埋まっています。しかしながら分別をしなければゴミはゴミのままです。天然資源に乏しい日本ではリサイクルは今後ますます重要になっていくことでしょう。
 さて、私の資源リサイクル業という職業柄でこのような文章の書き出しになりましたが、宝が埋まっているのは何もゴミだけではないと思います。我々の秋葉区にも私のまだ見ぬ宝が沢山埋まっているものと思います。それは名所だったり名物だったり会社だったり人だったりと多岐にわたることでしょう。
 本年度、新津商工会議所青年部の会長を務めさせていただくにあたり、秋葉区の宝を沢山見つけ出したいと思っております。私自身は本会に入会して7年が経ちましたが、たくさんの宝を手に入れました。その宝とは会の活動を通じて得た経験であり、また人との出会いであります。本文をご覧の皆様も新津商工会議所青年部で一緒に宝を探してみませんか?本会で得たものは会社経営だけでなく、今後の人生も豊かにしてくれると思います。皆様のご入会を心よりお待ちしております。