ホーム > リレー随想




山内 栄一 氏(秋葉警察署 署長) 

感想と決意

 昨年三月より署員で只一人の単身赴任者として当地に勤務して二年目の夏を迎えようとしております。これまで同じ場所での勤務経験はなく秋葉署は
17番目、「花と緑と鉄道の街」での勤務を楽しみにして参りました。
 そのうえで、この一年の勤務を通して強く感じていることは、「とても穏やかな地域だな」ということであります。
 この秋葉区は昨年、人口一万人当たりに対する犯罪と交通事故の発生率が新潟市の八つの区の中で最も低いものとなりました。この数字だけを見ると秋葉区は新潟市内で一番平穏な地域であると言えるのではないでしょうか。なぜ低かったのか私見では、二つの要因があると考えております。
 まずは、なによりも区民の皆様の規範意識が高く各種抑止活動等に積極的に参加し、また実践していただいていること。次に、署員を褒めさせていただきますが、昼夜の別なく管内パトロール等を行ったこと。この二つがかみあってこの様な結果に表われたのではないでしょうか。
 ただ、この結果は過去のことであり、継続して行くことが大切であります。引き続き、区民の皆様の穏やかで変りのない暮しを守るため、署員一同、事件や事故の予防活動を最優先事項として取り組んで参ります。
 今後とも、私共の活動に対し、ご理解とご協力をお願い致します。